プロジェクト

PROJECT

ライフスタイルで探せる、
街選びの新指標。

ライフスタイルで探せる、
街選びの新指標。

THE PROBLEM

課題

通勤利便や価格だけではない、実現したい暮らしから街を選べるようにしたい。
リクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)には、特定の領域だけではなくリクルートグループ内で領域横断的に社会課題に向き合う組織があります。そのグループメンバー(取材当時)であった榎本淳子は、住まい領域において新築分譲マンション購入者の約6割が現在の居住地以外の街に引っ越す状況のなかで問題意識を持っていた。「家選びのタイミングでは、通勤利便性、物件価格、間取り等、わかりやすいスペック情報で引っ越し先を判断せざるを得ないのではないか。知らない街に引っ越すにもかかわらず、街の雰囲気や、どんな人が誰と、何の価値観を大切にしているのか、という温もりを感じるような情報はなかなかに手に入らない」。そこで、ライフスタイルを基軸とした暮らしの情報をカスタマーに届けられたら、もっと一人ひとりが幸せで充実した暮らしを実現できる世界になるのではないかと考えたのでした。
THE PROCESS

プロセス

ボーダーレスな共感がありたい姿への第一歩。
どうすればライフスタイルに合った街を選ぶことができるのか。そんな中、社外のカンファレンスや勉強会に足を運んでいた榎本に、ある出会いがありました。「都心への人口一極集中や地方で起こる人口流出が、深刻な社会問題になっている。オープンデータを活用することで、その流れを変えられないか」。声をかけてくれた方は、総務省の担当者。
当時、総務省では「オープンデータ戦略」を掲げ、国や地方自治体が所有するデータを民間に開放し、官民協働による新事業・新サービス開発で経済の活性化を進めようとしていました。自治体が保有するデータとリクルート住まいカンパニーのデータを掛け合わせて、 “街選びのあたらしい指標”をつくり、自治体の定住促進に貢献できないだろうか、という計画を竹内と立て始めます。このマッチングは、榎本が実現したかった「ライフスタイルで街を選べる」プラットフォームになると、考えたのです。
THE SOLUTION

解決策

総務省と自治体との官民共同プロジェクト、発足。
かくして、総務省、自治体、RCOの三方良しで成り立つ「都市の魅力向上プロジェクト」が発足しました。共通のテーマは、「これまで知り得なかった暮らしの魅力を伝えたい」ということ。こうして街の魅力の発見、それを表現するオープンデータの特定のために、自治体の職員の方を対象にSUUMOが保有する過去のカスタマーデータを基に議論を行うワークショップを開催。こうして国・自治体の統計データ(コミュニティの充実度=自治体加入率。先進教育の充実度=授業のIT化率等)を活用した指標が実験的にでき上がり、それをSUUMO内の特設サイトに新設することで、新しい街選びの指標として世の中に発信する第一歩がスタートしました。
THE RESULTS

結果

国のバックアップを得て、構想から実現へ。
ワークショップでは、これまで知らなかった街の魅力や課題を発見することができ、カスタマーだけではなく、自治体の方々・住人にとっても気付きのある情報が掲載されています。また、この取り組みに共感した地方公共団体やNPO法人、企業から、講演依頼やプロジェクト参加の声が届くようになりました。こうして2016年度の国家プロジェクトのひとつとしてラインナップされ、榎本と竹内で始めた「街選びの指標づくり」は、移住定住促進のひとつの方向性として、一躍注目を集めることに。
「社内外、官民、肩書きは関係なく、共通の問題意識や実現したいことを共有できるフラットな関係を構築し、協働することで、世の中に価値あることをもっと生み出したい」。勢いのあるふたりの取り組みは、始まったばかりです。



※2016年取材情報に基づく
STAFF
プロジェクトリーダー: 榎本 淳子 プロジェクトマネジャー: 竹内 誠一