メンバー

MEMBER

前向きな気持ちで、新たな学生生活をはじめる
入学者をもっと増やしたい。

KANA AKIYOSHI
秋吉 佳那
プランナー
2016 年中途入社
まなびソリューション推進2部 ソリューション2グループ
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
「なぜ、こんなことをつぶやいたのだろう?」その裏側にある心の動きを、ネットの向こうのリアルな声をもっと知りたい。それが私の転職理由です。
転職前は、総合広告代理店でデジタルメディア担当としてSNSでの口コミを狙ったキャンペーンなどを企画していました。役割ごとの縦割り組織だったため、カスタマーの声を直接聞くのは別の部署。メディア担当の私は、ネット上の口コミを拾うことしかカスタマーを知る手段がありません。経験を積むにつれて、口コミの分析ではわからない、それを書き込もうと思った深層心理をカスタマーから直接聞きたい、発見したインサイトを基により質の高い仕事を生み出していきたいという思いが強くなりました。業務ごとの縦割り組織ではなく、クライアントごとにプランニングを全て任せてもらえる企業はないだろうか、と考えていたとき、ちょうど希望通りの求人が出ていたのがリクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)でした。
現在の業務内容
大学や専門学校の魅力を受験生に届けるために、リクルートのメディアをはじめ、大学案内の制作や、オープンキャンパスの企画・運営にPR動画の制作など、大学広報に関わることならなんでも取り組む。それがまなび領域のプランナーの仕事です。クライアントである大学との打ち合わせや、広報物の企画・制作だけでなく、在学生と広報チームを組み、学校を盛り上げるなど、広報を通じて学生が成長できる場もつくります。
前職に比べ、任える範囲は桁違いに広がりました。私の伝える情報が、未来を担っていく学生の青春に、人生の決定に深く関わっていく。責任の重い仕事です。でもだからこそ、大きなやりがいがあると感じています。
印象に残っている仕事・エピソード
あるA大学で、在学生と協働で広報を企画したときのことです。100名以上の在学生に調査を実施したところ、約半数が志望校に落ちて不本意に入学している、という驚くべき事実がわかりました。でも、今、学生たちは、広報に参加したいと思うほど、学校生活に満足している。第一志望の受験生ばかりではないからこそ、同じ境遇の在学生たちの気持ちの変化を丁寧に伝えることが、前向きな入学への一歩になると考え、合格通知と一緒に、第二志望以下で入学したものの、充実した学生生活を送るなかで成長していく先輩のエピソードも盛り込んだ冊子と、楽しそうな大勢の在学生が登場する合格お祝いムービーを送付しました。
その後、その冊子とムービーを見た新入生に感想を聞くことができました。「志望校に落ちた後、初めて冊子と動画を見ました。先輩たちの楽しそうな姿に、前向きになれました」。自分がつくったもので動いた人が、目の前にいる。その事実に純粋な喜びと、重みを一気に感じました。
今後実現したいこと
定員がある以上、全ての受験生が第一志望に入学することはできません。私自身も、高校受験に失敗して、不本意入学でした。でも、振り返ってみると高校生活は楽しかったんです。もし、入学前に同じ境遇の先輩たちが成長する姿を知っていたら。学校のいいところを知っていたら。もっと早い段階から前向きに学生生活をはじめられていたと思います。
入学前の情報提供の方法次第で、たとえ第一志望ではなかったとしても、納得感をもって入学する受験生はもっと増えるはずです。しかし、大学案内も読まずに入学する受験生もいる、というのが現状です。
一人でも多くの高校生が、希望をもって新しい生活への一歩を踏み出せる。そんな世界をつくるために。まだまだできることはたくさんあると思っています。
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
私のような入社年次が浅い社員でも「必ず実現したい」という強い意志があれば、難しい社会課題への挑戦も周囲が応援してくれる。前職は年次が仕事内容を決めていたので、年次関係なく任せてもらえるRCOの風土に入社当初、本当にびっくりしました。
面白い会社だな、と感じるのは、応援するだけでなく、実現に向けての解決策を一緒に考えるのが当たり前になっている、ということ。A大学での広報も、一人では決して実現できませんでした。想いが先走る私を、リクルート事業会社の営業担当や、社内のマネジャー、先輩、メンバーと他にも気付けばたくさんの人たちが、一緒に考え抜き、参加してくれたからこそ、壁も乗り越えることができたのです。



※2018年6月時点の情報に基づく
秋吉 佳那
プランナー
2016 年中途入社
まなびソリューション推進2部 ソリューション2グループ
私の1日
9:00
午前中は家でリモートワークが多めです。
12:00
勤務地の梅田に移動し、同じ部署の先輩後輩と気になっていたカフェでランチ。 デザートも食べながら、おしゃべり、おしゃべり。
13:00
制作会社さんと社内のフリースペースで打合せ。 ホワイトボードを使いながらアイデアを膨らませていきます。
15:00
撮影のため京都へ移動。今日は大学生お二人の取材撮影。
17:00
撮影終わりに、制作会社さんと次に向けた打合せ。
18:00
お疲れ様でした!!月に数回ある18時帰り日。今日は友達とレイトショーへ。