メンバー

MEMBER

飲食×中小企業の課題解決で、
日本のGDP向上につなげたい。

SEIGO OTSUBO
大坪 清吾
サービスデザイン マネジャー
2012 年中途入社
事業推進部 営業企画グループ(主務) 兼  プロダクトイノベーション推進部 グローバルコミュニケーション推進グループ(兼務)
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
前職では健康飲料メーカーに6年勤務し、営業企画と経営企画を経験しました。しかし、徐々に会社としての課題が見えてくるようになり、企業構造として組織再編や合理化もすぐには難しく、自分の力だけでは変えられないもどかしさを感じるようになりました。やりがいも大きい仕事でしたが、より会社のネームバリューに頼らないビジネスパーソンとしてのスキルを磨くためにも、強い商品力や年功序列の組織などに「守られた」環境ではなく、敢えて成果報酬型のマネジメントのもとで力を試していきたいと思うようになったのです。マーケットインでスピーディに課題解決やサービス開発ができる会社といえばリクルートグループ。中でもリクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)を選んだのは、機能会社として幅広い領域に携われることが大きな魅力でした。
現在の業務内容
入社以来、サービスデザイン職としてグループ各領域での訪日外国人市場における新機能開発の業務を担当しています。それに加えて現在は、新たにできた組織である営業企画グループでマネジャーも務めており、これまでは主にグループ内の事業会社に提供していた各ソリューションを、よりクオリティを高めていくことを目的に、外販していくという新たな挑戦をしています。自ら営業するだけでなく、商品戦略や営業戦略を考えることがミッションです。観光領域での行政向けサービス、インナーコミュニケーション、ダイバーシティの理解促進など、いくつかのプロダクトを持ち、まさにこれから様々な戦略を描いていくところです。
印象に残っている仕事・エピソード
多くの学びがあった仕事といえば、数年前に訪日外国人対応用の音声翻訳アプリの開発を検討していたプロジェクトです。インバウンド市場が盛り上がる中、訪日外国人への接客対応に課題があると仮説立て、新たな介在価値がつくれるのではと考えました。飲食店や美容室、宿泊施設などのクライアントに飛び込みでヒアリングを重ね、課題や打ち手を考え抜く日々。結果としてサービス案や売上見立ての検討まではできたのですが、いざ音声翻訳アプリのサンプルを作成してお見せしたところ、「使いたいけれど、課金はしたくない」という回答でした。「欲しい」と「課金する」は別物であること、そもそものヒアリングの仕方に問題があったこと、きちんとマネタイズができるサービスを開発する難しさなどを学ぶことができた、いい失敗だったと今は思っています。
今後実現したいこと
日本のGDP向上につながる、中小企業の経営品質の向上です。両親が飲食店を経営していたことから、私のテーマはずっと飲食×中小企業でした。うちの両親の店は30年間ずっと値段もメニューも変えていないんです。経営視点で見れば改善すべき部分も、せっかくの強みを活かし切れていなくてもったいないと思う部分もたくさんある。日本の大部分を占める、こうした中小企業をなんとかしたいという想いが、常に私の根底にあるのです。今のポジションは、個社単位ではなく、影響社数観点でスケールのある課題解決ができる仕事。中小企業マーケット全体にインパクトを与えることができたら、日本のGDPをあげることにもつながると信じています。
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
私はリクルートの社会課題に真摯に向き合う姿勢がとても素敵だと思っています。そのためのスキルやケイパビリティも持っている。そして、何よりの強みは、顧客接点量などのアセットが豊富であること。机上の空論であればどこでもできますが、顧客接点によるエビデンスをベースに、自社で実装まで一気通貫で手掛けられ、PDCAを回していける。その環境下で、社会的インパクトの大きい事業開発やサービスデザインができるのは、非常に恵まれていると感じます。中でもRCOは、機能会社だからこそ、事業会社では取り組みにくい未来志向の開発がしやすいのも特徴。領域横断ゆえに、たとえばインバウンドというテーマで飲食・旅行・不動産といった事業をまたいで企画するなど、マーケット課題の切り口でのサービス開発ができるのも大きな魅力だと感じています。


※2018年6月時点の情報に基づく
大坪 清吾
サービスデザイン マネジャー
2012 年中途入社
事業推進部 営業企画グループ(主務) 兼  プロダクトイノベーション推進部 グローバルコミュニケーション推進グループ(兼務)
私の1日
10:00
出勤直後、まずはその日の予定を確認しています。
13:00
自グループのメンバーとのMTG。 日々、自分たちが推進しているソリューションの課題について議論しています。
17:00
某商店街組合の方々向けの勉強会。 我々が推進しているサービスの磨き込みのため、実際に触れてもらい、感想をフィードバックしてもらったりもします。
19:00
自グループに来ていたインターン生の送別会。 期初の決起会、期末の納会など、メンバー全員で呑みに行ったりもします。