メンバー

MEMBER

リクルートの新しい競争優位性を生み出す、
その先陣を切っていきたい。

KOJI WATANABE
渡邉 康至 
局次長
2006 年中途入社
第3ソリューション局 
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
前職は経営コンサルタントとして経営者に向き合っていました。多くの経営者にとって、一番大きな悩みは「ヒト」の課題でした。企業の課題を本質的に解決するために、ヒトの課題を解決できる人になりたい。それが私の転職のきっかけです。そして、「日本のトップメーカーの人事課題を解決する仕事がある」と紹介されたのが、リクルートメディアコミュニケーションズ(※リクルートコミュニケーションズ、以下RCOの前身)のディレクターでした。トップメーカーが、一体どんな課題を抱えているのだろう?と好奇心にかられたのです。それに、その課題解決を私が引っぱっていけるという点も、よかった。成長できる環境が私を待っていると感じました。
現在の業務内容
人材(HR)領域のディレクターとして「ヒト」の課題解決に向き合った後、経営企画部門など戦略立案組織のマネジメントを経験し、現在は、第3ソリューション局で三つの部門を束ねる局次長という立場で部門経営にチャレンジしています。
多様な事業を手掛けるRCOですが、私がマネジメントしている部門では、これまでのリクルートが展開してきたメディアを主体とした集客ソリューションビジネスだけではなく、クライアント課題解決にさらに踏み込む形で、クライアントの業務支援ソリューションなどの新たなビジネスモデルに挑戦しています。
飲食事業の業務サポートパックや、AirSHIFTなど、多くのクライアント経営を支援するツールを拡販し使っていただくには何が必要かにチャレンジしています。いくつかのプロジェクトが並行して走っていますが、いずれもRCOにも、リクルートにも、チャレンジとなる領域です。リクルートの未来の競争優位性を生み出す先陣を切り、メンバーとともに、世の中に新しい価値を送り出す。それが私のミッションです。
印象に残っている仕事・エピソード
ディレクター時代に、初めてクライアントの新卒採用をお手伝いしたときのことです。採用広報物のプランニングや制作を通じて、採用課題の解決を目指すのが私の仕事でした。しかし、当時の私は、クライアントの課題解決には興味がありましたが、制作物については依頼に応えることしか考えていませんでした。しかし、その意識は、私が制作したHPのプリントアウトを握りしめて面接や会社説明会に来た学生に出会ったことで、180度変わりました。自分のつくるものが、彼らの将来を、その人生を左右する可能性に、ようやく気付いたのです。メディアやサービスの向こうにいるカスタマーのために、何ができるのか。考え抜き、形にしていくことが私の仕事だと実感できた瞬間でした。
今後実現したいこと
局次長として、全てのメンバーの成長を支援するための仕組みづくりに取り組んでいきたいです。RCOは、リクルートグループの成長を支える原動力になると思っています。つまり事業成長以上のスピードで私たちが成長することが必要になります。期待される仕事は、年々抽象度も難易度も高くなり、働く人に求められるものも高くなっています。その状況で、成長することを個人の努力に期待するだけでは、組織は疲弊してしまいます。成長したくない人なんて、いません。ただ、どうすればいいかわからない人はいる。その手助けをしたい。自分を含めて成長スピードを早めるための機会や仕組みをもっと用意して、もっと大きな成果を創出できる組織にしたいですね。その結果、競争優位性を生み出すような、いい仕事が生まれてくるんじゃないかと思っています。
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
これから入社する人にとって、今はチャンスの時期だと思っています。会社が変化の時期にあるからこそ、前向きに挑戦したい人を本気で求めているし、社歴に関係なく新しいことに挑戦してもらうことになると思います。もし、手を挙げれば、これでもか、というくらい挑戦の機会がバンバン提供されるでしょう。手を伸ばせばチャンスがあらゆる所に転がっている。こんなに面白い環境もなかなかないと思いますよ。


※2018年6月時点の情報に基づく
渡邉 康至 
局次長
2006 年中途入社
第3ソリューション局 
私の1日
9:00
出社するのはフロア内でも早い方。朝のうちにできるだけ仕事を進めます。
11:00
プロジェクトミーティング。進捗状況の確認や課題について議論します。
13:00
局長、部長、マネジャー全員そろっての人材開発会議。みんな真剣です!
17:00
資料づくりやメール対応。会議が続くと未対応のメールが増える。時間を見つけて返信!
19:00
明日の予定を確認して帰宅。