メンバー

MEMBER

リクルートもまだ
挑戦していない領域で、
新規事業を立ち上げたい。

HIROYUKI SAKAI
酒井 啓行
プロダクトマネジメント
2016 年中途入社
マリッジ&ファミリー ソリューション推進1部 プロダクトマネジメントグループ(主務) 兼 マリッジ&ファミリー ソリューション推進1部 プロダクトデザイングループ(兼務)  兼 ソリューション統括部 横断生産マネジメントグループ(兼務)
リクルートコミュニケーションズへの入社理由
リクルートコミュニケーションズ(以下、RCO)に入社する前はITコンサルタントをしていました。クライアントの経営課題を改善したとしても、コンサルタントは、契約終了後は関係性がどうしても途切れてしまう。成し遂げたことが、その会社をどう変えていくかまではわかりません。その実感を得たくて、自社の改善に取り組める仕事を目指しました。RCOを選んだのは、会社を改善した結果が、世の中にも影響を与えるサービスにつながるから。さらに、リクルートの事業領域を横断してソリューションを提供できる会社でもあったからです。一つの領域では生まれないアイデアが生まれる土壌があると感じました。
現在の業務内容
プロダクトマネジメント職として、現在は主に、ゼクシィをはじめとするマリッジ&ファミリー領域(以下、M&F領域)の制作システム改善に向けたプロジェクトのリーダーを務めています。非常に規模の大きい案件で、リクルートグループ各社やITベンダーと協働しながら、制作物の品質を保った上で、新しい環境をどう実現するかを検討しています。
また、他にも力を入れているのが、AIを活用した業務改善です。単純作業を減らすことで、RCOのディレクターがプランニングに注力できる環境をつくり、クライアントにより高い価値を提供するための取り組みです。単に業務をAIに置き換えればいい、というものではありません。業務フローを含めてどう変えていけば実効性の高い改善案となるか。悩みどころであり、この仕事の楽しい部分でもあります。
印象に残っている仕事・エピソード
リクルートメディアの制作には従業員はもちろん、業務委託でお願いしている制作パートナーさんの存在が欠かせません。その、パートナーさん向けの料金メニューのリニューアルを担当したときのことです。RCOでは、パートナーさんからの価値提供に応えるにはどういう料金設定が適切なのか、どうすればお互いに気持ちよく働ける状況をつくれるのか、を最重要視していた。他社から転職してきた私にとっては、そうした捉え方がかなり新鮮であり、RCOの素敵なところだとも感じました。そこで、料金リニューアルにあたり、日々パートナーさんと直接折衝しているメンバーにヒアリングを実施し、制作現場でどんな問題が起きているか、現場や実態を幅広く知ることを大切にしながら進めていきました。メディア制作の仕組みづくりを担う私にとっていい経験でしたし、今後の制作体制づくりのたくさんのヒントを得ることができましたね。
今後実現したいこと
リクルートグループに入社した以上、絶対に挑戦したいのが新規事業の立ち上げです。新規事業提案制度「Ring(※)」があることは入社前から知っていました。提案が通りさえすれば、会社がお金を出してくれて、自分の考えたしくみで、世の中を動かせる。参加しなければ損です。
しかし、なかなか甘くはありません。自信のあった提案も、審査員たちに「実効性がない」「マネタイズに問題がある」……と、あらゆる角度からダメ出しを受けました。悔しい、と感じると同時に、その指摘の正しさにぐうの音も出なかった。悔しさをバネに、次回に挑みたいと思います。
(※)リクルート全社横断で実施している新規事業立案コンテストの名称
この会社の魅力/この仕事でよかったと思う瞬間
新規事業に誰でも挑戦できることは、私にとっては大きな魅力です。そして、現在、私が領域を横断した仕事を兼務していることもあるのですが、他領域の人たちとも気軽につながりをつくれる、ということも新しいアイデアを生み出すためにはいい環境だと感じています。M&F領域以外の他領域のメンバーとRingに挑んだこともあります。
また、自分が「こんなことをやりたい」と言えば、他の人からどんどんアイデアがもらえるのもRCOらしさの一つ。仕事の場だけでなく何気ない雑談が、いいヒントになることも多いです。
これまでの殻を破り、新しいことに挑戦したいなら、RCOは最適な場所ではないでしょうか。



※2018年6月時点の情報に基づく
酒井 啓行
プロダクトマネジメント
2016 年中途入社
マリッジ&ファミリー ソリューション推進1部 プロダクトマネジメントグループ(主務) 兼 マリッジ&ファミリー ソリューション推進1部 プロダクトデザイングループ(兼務)  兼 ソリューション統括部 横断生産マネジメントグループ(兼務)
私の1日
10:00
進行中の大規模プロジェクトの打ち合わせ。関係者が多く拠点が別なのでTV会議が基本です。
14:00
構想段階の企画をブレスト。ホワイトボードを使って認識を共有しながら進めます。
16:00
オフィスに戻って作業タイム。リモートワークが推進されているので席は自由です。
18:00
一人で考えていてアイデアが煮詰まってきたら先輩に相談してみます。
20:00
新規事業のネタを考える!大きなホワイトボードがあると頭の中からアイデアをひねり出しやすいです。