AD-TECH
Lab BLOG
RCO アドテクLab ブログ

RCOで4週間インターンをしました

2019/03/18Ti11192916

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターンの池田です。

2019年2月25日〜3月22日の間、 RCO でインターンをさせていただきました。 本稿はそのまとめとなります。

はじめに

これは RCO でのインターンは最高なので皆さん応募して下さいという記事です!

最初にインターンの魅力を列挙します。 細かくはそれ以降で触れますが、僕が伝えたいことはこれが全てです。

  • 有給(¥15,000/日)+面接から全て交通費支給+対象者は宿泊費も支給
  • 稼働中のプロダクトの開発に携われる
  • 成果が出てインターン期間中にリリースできれば、実際に動いている様子が見られる
  • かなり贅沢なサポート体制が整っている
  • 働きやすい、環境が良い
  • お昼ご飯に誘ってもらえるし、これが楽しい(しかも無料)
  • 自分の将来について、実際の業務環境の中で考えることができる

選考

Recruit Internship for Specialist 2019 - ENGINEER / DATA ENGINEER からエントリーしました。

上のリンクを見て頂けるとわかると思うのですが、 RCO だけでなくリクルート全体で一括のインターン選考となっていました。 RCO はプログラミングコンテストを開催していた ため予てから興味があったので、選考中に何度か行われた面接で RCO に興味があります!と主張したところ、 RCO に無事配属して頂けることになりました。

業務について

秒間50,000リクエストをさばく広告配信システムの改善&機能追加

というテーマのもとで、実際に現在稼働している広告配信システムの開発をしました。

実務に混ぜてもらう形式で、自分が書いたコードがマージされればテストを経て実際に運用されることになります。 当然失敗すれば損失が出ますし、成功すれば利益を生み出すことができます。 これは自分にとって非常に緊張感のあるものでした。

より具体的には

  • 安定したシステム稼働のための仕組みづくり
  • リアルタイムモニタリング対象の追加

を達成するため、機能改善を中心に仕事をしました。 幾つか視覚的に分かりやすい例を載せます。

ログのアップロード状況を可視化して監視

ログをクラウドへアップロードする処理がたまに失敗するので監視したい。

アップロードの状況が見れます

画像では Failure が 0 件ですが、これが 1 件でも発生したら Slack に通知がいきます。 通知がメインで可視化はおまけです。

内部システムが原因ではないエラーの対応

外部システムからの不正な入力などが原因で、内部システムがエラーを吐いている。 内部システムの保守をしたいのに、内部システムが原因ではないエラーの通知がされているのは困るので、対処したい。

これまでは内部システムが原因でないエラーでログが溢れていましたが、よく見ると 4 種類しかなかったので全て対応しました

エラーの発生件数が落ち着いたので、エラーが発生したら Slack に通知するようにしました。 🌚 が教えてくれます。

広告表示の改善

フィードバナー広告(広告枠に複数の広告を埋め込むタイプの広告のこと)について、内部に埋め込む広告が足りない時にこれまでエラーとしていたものを、 1 つでも埋め込む広告があればあるもので枠を埋めるようにしました

画像は左が成功例、真ん中がフィードが足りなかった時の挙動、右がはめ込む広告が足りない時の挙動です。一番上のものと一番下のものが同じになっているのが分かると思います。

補助体制について

インターン中の生活や業務内容などについてを話すことができるマネージャーとしてのメンターさんと、実際の業務を進める上での事について相談できる技術メンターさん2人についていただきました。

僕1人に3人の社員さんが手を焼いて下さる状況、かなり贅沢です! 実際期間中に困ってしまって手が止まるみたいな事は殆どありませんでした。

インターン中の生活や仕事を進める上で困っていること、進捗状況の確認や現在当たっている業務の内容に満足しているかについてなどについて毎日30分のミーティングと、Scala の言語仕様から触っているシステムの仕様、問題解決の方針決定の議論などについて、毎日1時間 1 on 2 でのミーティングがありました。 毎日のミーティングの存在はかなり大きくて、これのおかげでインターンでありがちな インターン最終日辺りになってからもっと色々質問すればよかった…と後悔する みたいな事態を回避できました。 もちろんそれ以外の時間にも質問をしに行くことができましたし、いつでも Slack でコンタクトがとれました。

なんでもすぐに質問ができる雰囲気が何よりも嬉しかったです。

社内の雰囲気

かなり働きやすい印象でした。1行にすると、

それぞれが自分が一番パフォーマンスが出るような働き方をしていて、会社はその支援をしている

という感じです。ざっくり箇条書きにしてみました。

  • フリーのお菓子と飲み物が充実している。レッドブルも飲み放題です。
  • 社員さんは労働時間や出勤時間に細かい制約がないです。
  • インターンは時給制ですが、出勤時間は自由です。僕は11時〜12時頃出勤していました。
  • リモートワークをする人がかなり多いです。大半の方が週に1回以上リモートワークをしています。
  • 社員さんは皆さん優秀で、少数精鋭の雰囲気でした。
  • 学会参加は勤務として扱われますし、それが休日にあれば休日出勤になります。勉強会も同様です。

ご飯

社内の様々な役職の方々とランチをしました。

エンジニアリングだけでなくマネジメント業務にも興味があると伝えたところ、エンジニアリングマネージャーの方々とのランチをメンターさんに設定していただけたので、お話を伺う事ができました。

特別にランチが設定されていない日は、1年目のエンジニアのみなさんに毎日誘っていただけたので、一緒に会社周辺でご飯を食べました。 これが社内での生活や仕事についてなどのお話を聞ける機会になりました。

ちなみに期間中のお昼ご飯代は全て会社から出ました。

まとめ

とても楽しいインターンでした。学ぶことも多かったです。

自分が実装した成果を見る事はかなりモチベーションを高めてくれました。 今までは高給が貰えるならつまらない仕事でも別に良いと思っていましたが、働く喜びってなんなのかな〜みたいな事を考えるきっかけになりました。

4 週間ありがとうございました!

宣伝

RCOアドテク部では優秀なインターン生やこれから優秀になりたいインターン生を募集しています。