社長メッセージ

ひとつひとつの願いを、現実に。

リクルートコミュニケーションズは、広告・マーケティングにおけるコミュニケーションビジネスを創造し磨き込むことを通じて、リクルートグループの競争優位を生み出す役割を担う会社です。

これまでリクルートグループでは、人材・住宅・結婚・進学・旅行・飲食・美容といった幅広い分野でクライアントとカスタマーの「出会い」を創り出してきました。その中で私たちが実現してきたのは、広告制作・宣伝・流通といった形でクライアントとカスタマーとのコミュニケーションを設計し、形にすることです。

近年、Web・IT技術の進化に伴ってコミュニケーションの手段が大きく変容していますが、そうした変化も先取りして専門能力を磨き、現在ではWebマーケティングにおける様々なソリューションも提供しています。また、環境変化への対応はもちろん、「未来に向けた進化を創り出す」存在でありたいと考えています。

私たちはこうした機能の提供を通じて、クライアント、カスタマー、リクルートグループ、そして社会が持つ「ひとつひとつの願い」に真摯に向き合い課題を解決し、現実にしていくことを目指します。

代表取締役社長 清水 淳

経営基本方針

Vision

ひとつひとつの願いを、現実に。

Value

[挑戦と成長]

私たちは、ひとりひとりが挑戦し成長しつづけることに責任を持ち、その機会を創りだしている。

[顧客インサイト]

私たちは、顧客(クライアント/カスタマー/事業)を愛し、深く理解している。

[未来を生み出す先見性]

私たちは、社会や顧客の期待に先んじて未来を描き、乗り越えるべき課題を明らかにしている。

[クリエイティビティとサイエンスの追求]

私たちは、クリエイティビティとサイエンスを追求し、他に代え難い価値を顧客に提供している。

[実現し、磨き続ける意志]

私たちは、強い意志を持って構想を現実のものとし、実現した以後も弛まず改善している。

[社会へのインパクト]

私たちは、顧客からの感謝を力にして、社会にポジティブな影響を与えている。

Mission

リクルートグループの競争優位に直結する価値や機能の提供

リクルートグループの経営理念

リクルートグループでは、グループの経営理念として、ミッション(目指す姿)とウェイ(大切にする考え方)を掲げています。創業以来大事にしてきた「新しい価値の創造」にこだわりながら、より「社会からの期待に応える」という決意を込め、2013年4月に制定されました。詳しくは、こちらをご参照ください。

リクルートグループ経営理念はこちら